So-net無料ブログ作成

座敷童に会いに

今さらながらお盆の話
お盆連休後半は岩手県へ北上し、両親+私という変則メンツで温泉行ってきました。
妹'sは夏ミケだったりで不参加。
珍しい組み合わせでのんびり旅行です。

………と思っていたのは私だけで、実はこの旅行伯母様の指令の元に敢行されたもので、
あの週私体調崩してたんですが、多少なら体調無視して行く予定だったらしいです。
何でも、時期と方角が良かったらしい    って何の?
      よくわからないよ伯母様…………

初日はお昼頃に自宅出発。
温泉しか目的がなかったので、夕方までどう時間を潰すかでガイドブックを見ながら悩む。
とりあえず最寄の二戸まで移動し、物産館とか産業館とかを眺めることに…
が、小さいのですぐ終わる。
仕方がないので来た道を少し戻って天台寺という寺へ〜
0815-07.jpg
夏なのに参道にまだ紫陽花咲いててびっくり(一部枯れてたけど)
満開だったら見ごたえありそうな参道でしたね。
とりあえず、仁王像にお札張ったりしてきた。悪いところに貼るということで私は頭にペタリ
この像、結構高さがあるので脇設置されてるはしごを使いまふ
自重で壊れるかと思た

程良い時間になったので金田一温泉へ
今回の宿は座敷童が出ると有名な緑風荘です。
0815-09.jpg
槐の間というのが出ると有名な部屋ですが、3年先(!)まで予約がいっぱいなので普通の部屋に宿泊。
普通の部屋でもおもちゃがいっぱい飾ってある。
オーブが撮れることがあるらしいのでいろいろ写真を撮ってみたり
温泉入ってみたり

しかし、この宿。ボロいです。
歩くとギシギシ言うし、隣の話声は筒抜け☆
流石、座敷童しか売りがないだけあります。この売りがなければ………(自重)
槐の間は覗けないのかなーと思ってたら、宿泊客がご飯中は中見せてもらえるということで
ご飯の前にお邪魔して写真撮ってみた  が、オーブは移らなかった (´・ω・`) 残念
お部屋はおもちゃでいっぱい。
0815-12.jpg
これ全部御礼としてご利益があった人が送ってきたものだそうです。
オーブ撮影はフラッシュ焚かないとないとダメだったのかな。
つい、いつもの癖でノンフラッシュ。
ちなみに槐の間があるのは旧館なんだが、そこは槐の間以外は居住区だそうです。

ご飯食べながらもいろいろ写真をがんばってみたけどやっぱり撮れず。
てか、「撮れたー」とか言っているグループあったんだけど 何この違い!
カモン 亀麿ちゃん!(お名前)

夜はさっさと就寝。足音とか聞こえないかなーと皆でwktkしてたけど
爆睡していて分からず。
が、夢の中で子供とPSPで遊んだので(そこだけ覚えている)
もしかして もしかしたのか?良いことがあったら良いなぁ
てゆか今回の旅行の目的は去年の出雲に引き続きなので、いい加減心苦しいのですよ… orz

ちなみに座敷童を見ると男は出世。女は玉の輿だそうだ。
玉の輿!    ………ムリくさい

2日目は何故か朝5時起床。
自然に目が覚めた  ら 親は既に起床済み。
何でこんな時間に orz  イベント時でもありえない時間
目が冴えてしまったので温泉に入ってお子様番組視聴。
シンケン見ながらママンと子供はこの話が理解できているのか語り合ってみたり。

朝ごはん中ラストチャンスということで写真頑張ってみるが、相変わらず撮れない
相性悪いのか?
亀麿神社も同様。何も映らない (´・ω・`) ショボーン
宿を出た後は一路盛岡。
岩山漆芸美術館と県立美術館へ〜
漆芸の方は館長の話とか実演とかあって結構面白かった。
使い道がないので買おうとは思わなかったが…
県立は企画展が面白かった。
やっぱり生は迫力が違うな

3時過ぎに盛岡を出たが一ノ関に向かう高速で渋滞にとっ捕まる
甘くみてたよUターンラッシュ!
牛歩牛歩で一ノ関についたの6時半杉 orz
そっから新幹線で帰宅。こっちも混雑。
親と私のみの旅行は初めてだったし、なかなかできないし
疲れたけど楽しかったー

そんなお盆休みですた。
前半散々だったけど、後半の旅行には予定通り行けてホント良かった
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

BlogPetのらく

無視って…なんだろう…?
by BlogPetのらく (2009-08-27 14:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。